Img_542cad3ef4019f05041f0311155eba94
11月22日は房総のむらでお勉強。以前、世田谷区の民家園におられた学芸員のSさんがいつの間にか移られていて『千葉県の鍛冶屋』の企画展をされていました。鎌づくりの実演があるので見に来ませんかとお誘いがあったので行ってみたらすごかった。
向こう鎚を持つ先手も野鍛冶さんで、互いに初対面。ふたりして「フイゴ使った手打ちなんか50年ぶりだあ」といいながら、ぴたりと息のあった作業。右端の後ろ縛りのおじいさんも野鍛冶で、さりげなく炭の補給をするなどサポート。この3人の技術会話がとても面白かったのですけれど、レベルが高すぎ深部まではついていけませんでした。もっと勉強せよということでね。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする