Img_f414c5ff97bf2f419222f4bea887f25a
先掛けは、磨り減った鍬の刃先に地がねと鋼を付け、再び道具としての命を吹き込む野鍛冶伝統の技術。新品の鍬の半分くらいの値段で同じ機能に戻るので、非常にお得なシステムです。今の時代なら、一生涯どころか3代くらい使えるはず。愛知県豊田市香嵐渓の足助屋敷内にある廣瀬重光刃物店にて。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする