Img_1b8a75eb4b7a479719e9f47922da58d4
「こんなものしかないけんど」と素敵なご馳走をいただきました。

土佐名物の田舎寿司。
ミョウガにコンニャク、干しシイタケ。農山村ならどこにでもある食材が、ひと手間かけただけで、こんなキュートな一品になる。
魚の切り身がのっていないのに、握りずしの名店に勝るとも劣らないビジュアルです。

飾りのバランにも注目。
ビニールじゃありません。
庭に植えてある葉蘭を、お母さん自身が包丁で切ったそうです。
右のエビは、家の前を流れる清流で捕ったテナガエビの煮物。

至るところに暮らしの美意識を感じます。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする