Img_4ed2ab3d0cb6f26bbcd6e6d2797147fe

友釣り師の端くれとして、そろそろ確認と整理をしておきたかった、川とアユと漁協の今。
BE-PAL10月号「ルーラルで行こう!」の取材で、たかはし河川生物調査事務所の高橋勇夫さんにインタビューさせていただきました。

高橋さんは、アユを増やすための解決策を提案する日本で唯一のコンサルタント。一度お会いしたかった人です。
全国の川を歩いているだけあって、高橋さんの家で飼っている猫はアユの味の違いがわかるそう。名ばかりのブランドアユだと、においを嗅いだだけでそっぽを向くそうです。

改修費がそれほどかからず、市民がその気になればクラウドファンディングでも資金を捻出できる小わざ魚道。
孵化した仔魚が過ごしやすい海水温までも見越した産卵床の攪乱造成。
冷水病の現状。
水質はよいのにアユの餌の藻類が減っている不思議な現状の仮説。
地域は、これからアユという魚をどうブランディングしていくべきか…。

いずれも興味深い話でした。それはまさに、少子高齢化で存続が危ぶまれている内水面漁協への処方箋であり、川の文化を守っていくためのヒントでもあります。

もうひとつ大事なこと。
放流頼みの増殖をやめ、海と川とを行き来するアユが本来の生活史をまっとうできる環境を取り戻せば、ウナギやテナガエビも増える。つまり流域の生態系全体が回復するということです。

漁協の意識改革には、客である釣り人の声も重要であることを再確認した次第ですが、そのへんはまだまだギャップがあるかなあ。

一度は都会へ出ていっても「ああ、やっぱり生き物のいる川は楽しいね」とふるさとへ帰ってくる若者を増やそうと、高知市の鏡川漁協が始めた友釣り教室(友釣り甲子園)も、なかなか面白い試みでした。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする