Img_c3ec5ada32019a4e194190d2a1ef9246
Img_2020b344a428a94dd01cb2f775c2ae6d
Img_c3da59259b6017629cbd56eab0c1cb1d

ビーチグラス。シーグラスともいいますね。波に揉まれて角が取れているので、貴石のような美しさがあります。
でも、もとはガラス、つまりゴミでした。

このビーチグラスと一緒に海岸の漂着ゴミを拾い、理念に共鳴するお店へビーチグラスのほうを持って行くと、店オリジナルの特典がもらえるという取り組みが「ビーチマネー」。
ちょっと面白い地域通貨です。

JOLA(ジャパン・アウトドアリーダーズ・アワード)のファイナリストになった、エコサーファー(屋号)の堀直也さんが運営事務局をやっています。

海洋プラスチックはたいへんな問題だけど、憤慨だけじゃ便利には勝てない。それに、楽しくない活動は続かない。

とても大事なことを教えてくれる取り組みです。

提携店になるのにお金は要りません。ビーチグラスを持って来店した人に、心意気で何かおまけをするだけ。
持ってくるのはビーチグラスだけでよいので、その人が本当にごみも拾ったのかは確認しようがないのですが、それを信じるのも心意気だとか。

サーファーだけの運動ではなく、農家や内陸のショップも参加しています。
面白い、うちも協力するよ! という方は検索 ビーチマネー でぜひ。

ちなみにビーチグラスは赤とか黄とか混色がレアものだそうです。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする