Img_22a533431fbc288c0998d05acc4c5db2
Img_db1970b1dce9d42112dadd4a314a1e8c
Img_833c51dd51e5a113f211a02e4e490b65
連載『ルーラルで行こう!』は、クラフトビールの最新事情を取材。
小さな麦酒工房が作る個性派ビールが世界的に人気です。日本でも酒税法改正による製造免許条件の緩和以降、地ビールが増えていますが、今のムーブメントはこれまでのものと違います。
「地方で作れば地ビールになる」という時代は終わり、掲げる地方らしさの中身が問われています。そのひとつが素材へのこだわり。そして手づくり感です。
この春に静岡県富士宮の農村地帯に誕生したフジヤマハンターズビールは、農家自身が醸造する小さなクラフトビール工房。
この春改正された酒税法で、ビールの副原料として使える素材の幅が広がったこともあり、四季折々に個性的な幸のある農山村は、ビール造りに有利な土地になりつつあります。
立ち上げまでの苦労と今後の展望について、代表の深澤道男さんに伺いました。

第2特集「道の駅」も担当。高知県の『道の駅よって西土佐』、長野県の『道の駅小谷』を紹介しています。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする