Img_c60753c5d1385636f68ac6628b1a1b00
担当『ブックレビュー』は
『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』(奥野克巳著・亜紀書房)というやたらタイトルの長い本。これ、掛け値なしに面白いです! 著者は立教大の先生でした。資本主義というのはきわめて原始的なシステムだということに気づかされます。
その他の紹介本
『戦後ゼロ年東京ブラックホール』(貴志謙介著・NHK出版)
『熱海の軌跡』(市来広一郎著・東洋経済新報社)
『歌と曲に隠された物語 昭和歌謡の謎』(合田道人著・祥伝社)

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする