Img_d8ff5e0ac2e532605927709211babcb4da48d320
Img_1e95f9f0c5ebec6f702c75e3b2ff78a47fbed798
Img_82a4770adef3269d9552abb763e4c0d72bc4a250
今号のナイフマガジン連載「はたらく刃物」は、山形県米沢市の伝統工芸・笹野一刀彫に使われる、巨大で独特の形状を持つ『サルキリ』と呼ばれる刃物を取材しました。笹野一刀彫といえば、上杉鷹山が奨励したと伝わる玩具「お鷹ぽっぽ」が有名ですが、その技術のベースにあるのは、さらに古くから作られてきた仏前の供花(木を削った造花)です。それを削る『チヂレ』と呼ばれる小刀も非常に特徴的でした。
詳しくは現在発売中のナイフマガジン12月号をご覧ください。

 (Click!) 
Img_0daa74cb0eb6770b933a49a3daa3fe6da65eeeb6
写真提供/いすみ鉄道
Img_21b3c9279de71ecac8f2c9d06cea24cafe8d199a
Img_1144922d8fcfd2d1f5c45fabf7299276b66c53c4
連載「ゲンキな田舎!」は、赤字ローカル鉄道の現状。どの地域においても高校生や高齢者など交通弱者にとって、鉄道は不可欠な存在です。効率論だけで廃止を決めてよいものとは思えません。
存続のためのあの手この手の知恵。そして今後地域鉄道がすすむべき方向ついて、千葉県のいすみ鉄道を訪ねて考えてみました。
 (Click!) 
※さらに詳しくは発売中の本誌にて
Img_3bec127db75a5eff9b4ab2f800fa47ea67a84655
撮影/村山嘉昭
Img_089be45a3c839a5bf941271bc6cbdb464263dc33
Img_31652b414b1ad51611b0e8ea4602bf2718bbe61e
<スライド&トークショーのお知らせ>

絶滅危惧種『川ガキ』を増やそう!
~子供たちに魚遊びが必要な5つの理由~
スペシャルトーク&出張アクアリウム『西日暮里5丁目水族館』

NPO法人・日本エコツーリズムセンターでは、11月29日(月)18時30分より、東京都荒川区西日暮里の事務所にて、標記のようなセミナーを開催いたします。
ゲストにお招きするのは、全国の美しい川を訪ね、そこで遊ぶ子供たちの姿を撮り続けてきた写真家の村山嘉昭さんと、アウトドア雑誌『BE-PAL』やテレビの自然番組などでおなじみ、生きもの遊びのスペシャリスト・奥山英治さん。
情報化時代を生きる今の子供たちは、アラスカやアフリカの大自然のことも、熱帯雨林や流氷の果たしている役割なども、感心するほどよく知っています。
一方で、本能の導くままに川や池で魚を捕まえるような実体験は希薄です。これら身近な自然遊びは生物種「ヒト」としても大事な通過儀礼のはずですが、残念ながら現代社会は、子供たちからそうした機会を奪い続けています。
今回のセミナーでは水辺という「場」、生きものという「対象」が導き出してくれる<遊びのチカラ>について、みなさんと一緒に考えたいと思います。 ※司会進行をつとめさせていただきます

【出演】村山嘉昭(川ガキ写真家)×奥山英治(BE-PAL雑魚党漁労長)
    司会:鹿熊勤(日本エコツーリズムセンター世話人)
【日時】2010年11月29日(月)18:30-20:00
【参加費】1,000円(飲み物・お菓子付)
【場所】東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル2F
    JR・地下鉄千代田線西日暮里駅徒歩3分
【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
  TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
【お申込み】メール、電話、ファックスでお名前、メールアドレス、ご連絡先電話番号を日本エコツーリズムセンター事務局にお知らせください。

 (Click!) 
Img_6f452a937cd426f0328ab974fcca3927a05d8638
日本コツーリズムセンター主催のセミナー「川ガキを増やす方法」が、盛会のうち終了しました。
貴重な写真と話題を提供してくださった、畏友・村山&奥山コンビに感謝です。
報告は (Click!)