Img_d9cbe051a6d26e507ed4e770e2c36e80788bf876
BE-PAL6月号の連載「ゲンキな田舎!」では、紀伊半島の山奥、人口100人の集落最後の商店である本屋さん「イハラ・ハートショップ」を取材しました。都会でさえ書店が次々と消えている今、少子高齢化の象徴のようなムラで本屋が存続できる理由は何か? 
興味のある方は、本誌と合わせこちらもご覧ください。
↓↓↓
 (Click!) 
立教大学全学共通カリキュラム「自然環境と人間」が4年目に入りました。
自然と人間活動の関係というと、自分自身、今まではどこか大上段で他人事のようなテーマに感じることがありましたが、3月11日以降、自然は大きなリアリティーをもって私たちにさまざまな問いかけをしている気がします。身の丈の生き方=持続可能な社会のヒントを、農山漁村で自然と共に暮らしてきた高齢者の知恵や技の中に学びたいと思います。池袋キャンパスは火曜1時限、新座キャンパスは同3時限です。
Img_b08175c2b4dec361e35cf58c88b0a7a497267866
Img_9923c61f0994735c960bbaf1ea52518541a0d01e
小田原で行われた、素人粘土こねこね集団「とうしろう」の結成10年記念個展の売上金の一部と、会場にて主催者の「うつわ菜の花」さんが集めてくださった募金を、東日本大震災の支援金として下記の2団体に4万2千余円ずつ寄付しました。
アウトドア義援隊(モンベル) 
 (Click!) 
RQ市民災害救援センター
 (Click!)