Img_9711c2e43b3e487bf8a7690fa7d4c15b429b00dc
連載「ゲンキな田舎!」は、佐渡と能登半島が先進国としてはじめて認定された
FAO(国連食糧農業機関)の「世界農業遺産」制度を紹介しました。
ユネスコの世界遺産制度とは何がどう違うのか。そして、その目的は何なのか。
興味のある方はぜひどうぞ。
Img_251d81106329de374fc439f78d745d34a17d53ab
8月23日、日本エコツーリズムセンターの獣害シンポジウムがあります。
昨年から連続して続くテーマですが、今回は「利活用」の視点から獣害というものを考えます。

獣害といっても、じつは地方で暮らし、問題に直面している人と、
野生動物など見たことも触ったこともないけれど、情報だけは知っている人ととでは、
ずいぶん感じ方、考え方に温度差があります。

今回は「食べる視点」を入れ、この問題をより身近にしてもらおうという趣向です。

なぜか、コーディネーターを任命されております。
(名前がジビエであり獣害そのものだからという説もあり)

これまでの取材例を軸に、なるべくわかりやすく問題を俯瞰したいと思います。
各地で活用に力を入れているゲストもこられます。

もうひとつの目玉はジビエ料理の試食会です。
独創的野外料理家・蜂須賀はっちいに調理をお願いしているほか、
各地の加工品がいくつか並びます。

 (Click!)