Img_3e12543f3d1e07bd5551233e7fd15fd07fc7c061
連載『はたらく刃物』、今回は特別編で「大人の技術科」です。
中学校の技術科教員を養成する東京農大・星野欣也教授に、大工道具の使い方の基本をもう一度教わりました。
日曜大工の鋸やカンナの使い方、間違っている覚えている人がけっこう多いそうです。
我流の結果ならまだしも、中学の技術科の授業での教え方が間違っている例もあるとか。
刃物には集めて眺める楽しみもありますが、本来の使う楽しみももっと広げていきたい。
「はたらく刃物」は、手を使うことをどんどん忘れていく日本へ、今後もさまざまな角度から一石を投じ続けます。
Img_9e4dd24ac50ce8ac50d34ac015ee91837672be7c
連載「ゲンキな田舎!」は、総合学習の時間に地元学を取り入れたことをきっかけに、小学生ブランドのお茶を開発販売。耕作放棄地問題の解決にも新たな方向性を導き出した七保小学校の取り組みについてレポートしています。
こぼれ話はこちらから。 (Click!) 
Img_e63036e56766f8043a9f68bc2b219aa0b6545217
職人ものの取材でパートナーを組んでいる写真家・大橋弘さんの個展が、東京都国立市で開催されます。テーマは、毎朝の散歩コースだという国立にある小さな雑木林。毎日歩いても違う感動があるとそうです。10年にわたって撮りためたカットの中から特にお気に入りの写真を展示します。
期日:12月9日(金)~11(日) 時間:8~20時(最終日16時まで)
場所:くにたち市民芸術小ホール内市民ギャラリー
   国立市富士見台2-481- 042-574-1515