Img_5dc7174d700d626a6a2843f4516d3386
Img_cf8659cf76e23efcf86a3006d4724b8e
Img_959df84739ad4ce02f296056316d9c0b
更新が滞っておりました。スミマセン。BE-PAL8月号連載『ルーラルで行こう!』は、日本の森林が抱える「間伐材の出口がない」という課題を、楽しくカイケツしてくれるかもしれない新しいBBQスタイル「プランクBBQ」について取り上げました。
9月号は、ここ5,6年で起業者による個人商店が倍増、住みたい自治体として、アウトドア派やナチュラルライフに関心がある人たちの間で人気上昇中の北海道東川町。過疎地域にも関わらず、人口が増加中のこの町の元気の秘訣を探ってきました。
   *    *    *
8月号からフィールドナイフ列伝に代わり、『ネイティブギア・マニュアル』という連載も担当しいます。若手の腕利きハンターにして先住民や古代の生活技術を研究している瀬戸祐介さんをこれからしばらく取材します。8月号はビール瓶でも作れる石器ナイフ、9月号は磨製石斧の作り方です。
Img_4dd580493a3c9eb723e04891a1b7a99f
Img_a6cb2141528f526f692fad809e3637d3
Img_ca243be5f8232db8b14217ab69c2723f
サライ8月号は第2特集のウナギと、巻頭サライインタビュー、そして今月から始まった宮城県の海の幸を紹介する『口福みやぎ丸』を担当しています。
ウナギ資源が激減し、種の絶滅が懸念されている今、生活情報誌として「蒲焼」をどう扱うべきか。ひとつの道筋を示すことができた特集と自負しています。