Img_e83cf4f037a964d6d644d622ac615d24
Img_03389064a2d779bb5b4935fcb8eaad7f
連載「ルーラルで行こう!」は、自由民権運動発祥の地、高知市土佐山地区で地域づくりに取り組むNPO法人、土佐山アカデミーの元気の秘密です。IT技術の発展に伴う産業構造の変化、さらに働き方改革などの流れを受け、自然豊かな「地方」はますます都市から注目される場となっています。
そんなうねりを先取りし、土佐山アカデミーでは自然のなかでのチームビルディングやキャンプスタイルで行なう研修や企画会議などを提案し、行政や企業から注目されています。

今号からもうひとつ連載を担当することになりました。「ディープナチュラリスト 21世紀自然派日本人の肖像」という人物ルポ。地に足をつけて暮らす人たちの日常をとり上げます。
第1回は長崎県福江島で医師として離島医療を支える傍ら、持続可能な暮らしだった昔の百姓の生活技術を研究。問題意識が高じ、息子ふたりを鍛冶屋と桶屋にしてしまったという宮崎昭行さんに密着取材しました。
Img_e09a7d6b015ad4778160e6bf069561aa
2カ月に1度発行される『やさい畑』。武井敏信さんの「個性派野菜を育てよう」は、ケール、アイスプラント、リーフチコリです。アマチュア野菜名人の”畑のエジソン”こと本多勝治さんの「技あり菜園塾」は、夏まき品種11種をとり上げています。